放課後デイサービスなどの福祉事業所管理者向け発達障害実務研修
2018.10.13
◎放課後デイサービス事業所サビ管、及び児童発達支援責任者のための実務基礎研修(現場に沿った指導計画書の書き方のポイント、アセスメントの仕方等)

発達障害児への熱い思いで
放課後デイサービス事業所を立ち上げた方、
大手のフランチャイズではなく自分たちの深い思いで子どもの発達を援助してあげたいと思い開所なさった方
自分たちの強みを生かした放課後デイサービス事業で子どもたちを
療育していきたいと事業を開始なさった方々。

発達障害について
発達障害児についてほとんど知らない。
分かっているのは自身子育て経験や周りの発達障害の子どもたちの事だけ。

以前は保育士をしていたので、障害児のことは良くわからない。

けれど、事業所のサービス管理者であり、責任者である。
そのために専門的な作業もたくさんあるのだけれど
そもそも今更
『発達障害』について尋ねたり、学んだりできるところがない。

特に、実務に基づく指導計画書をどのような視点で書いていくとよいのだろうか?
どのようなところをアセスメントし、子どもの発達が伸びていくことを目指していけば良いのか?
公的機関が行う研修は痒い所に手が届かない!

小さな放課後デイサービス事業所を応援するために
お手伝いをさせていただくために
今回の研修を企画させていただきました。

皆様の熱い思いが継続し、
事業所が子どもたちの活気あふれる場所になるように
お手伝いをさせてください。

是非、この機会にご参加ください!

お申込みは、こちら>>からお願い致します。


日時:11月25日(日)10:00~17:00
    (12:00~13:00 昼食休憩の予定)
最少開催人数:5名
(5名に満たない場合は中止あるいは延期となる場合がございます。)
参加費:54,000円(子どもの発達に理解ある放課後デイサービス事業所認定証 授与)
スケジュール:1.放課後デイサービス事業所の実務についての困りの共有
2.これからの放課後デイサービス事業所について考える
2.心理的疑似体験
3.主な発達障害の定義、概要
4.子どもの脳の発達について
5.子どもの発達段階と発達過程について
6.最初の面談でのヒアリングの進め方
7.個別指導計画書の記載のポイント
8.軽度発達障害児のアセスメント(学力のアセスメントの基礎、行動のアセスメントの基礎)

別日程にて応用講座:アセスメントの応用、ビジョントレーニング、WISC検査の解釈、学習支援の進め方)にご参加いただけます。

※参加者には初面談時のヒアリングシート、個別指導計画書フォームを差し上げます。

受講料は事前にお支払い、お振込み等お願いいたします。
<お振込み先>
三菱東京UFJ銀行 泉佐野支店(普通)0033328

#放課後デイ #サービス管理責任者 #管理者 #実務研修 #発達障害 #理解 #指導計画書

- CafeNote -