発達障害支援コーディネーター講座第2回目について。
2018.09.10
こんにちは。
日本全国いろんなことが起こり、混乱の毎日です。
どうぞ、皆様少しでも安らぐことができますように。

さて、いよいよ社)日本発達障害ファミリー支援協会の事業案内も佳境に入ってきました。

社)日本発達障害ファミリー支援協会が開講している講座についてはこちら>>

社)日本発達障害ファミリー支援協会が発達障害児の支援者に求めるものはこちら>>で記載させていただいております。

チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)通信ビギナー講座については。こちら>>で記載させていただいております。

チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)ベーシック資格認定講座の
ご案内につきましてはこちら>>

チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)プロ資格認定講座はこちら>>からご覧ください。


講座の資料請求はこちら>>
お願いいたします。

さて、本日は 資格認定講座とは少し違ってより専門性を高めるための講座研修のご案内を少し。

発達障害支援をより専門性をもって行うためのその領域のエキスパートを講師として
お呼びして行う発達障害支援コーディネーター講座です。
今年度 3回開催の予定で、すでに1回目はビジョントレーニング基礎理解講座として開催し、
盛況のうちに終わりました。

そして、2回目は「WISC-Ⅳ心理検査の解釈・解釈研修」です。
本当に専門性の高い学びを今回実現することができました。

日程が迫っていますけれど、数名の参加は可能です。

概要は
【1日目】

09:00 ウェクスラー検査の背景と概要
 (事例を解説しながら検査内容について)
10:55  VCI検査実施要領① 留意点、類似、単語、理解
12:15  昼休み
13:15  VCI検査実施要領② 知識、語の推理
13:45 PRI検査実施要領① 積木模様、絵の概念、行列推理
15:00  PRI 検査実施要領② 絵の完成
15:15  WMI検査実施要領 数唱、語音整列、算数
16:10 PSI検査実施要領

【2日目(23日)】

09:00 事例を通しての採点
・心理検査統計の基礎知識 ・・・事例を通して
・結果の処理法①
・粗点から評価点に換算
・評価点合計を合成得点に換算
・プロフィールを描く
12:00 昼休み
13:00 知的giftedデータの読み取り
 結果の処理法(続き)
 ・ディスクレパンシー比較
 ・SとWの判定
 ・プロセス分析
参加対象者:チャイルド・ライフ・サポータープロ資格保持者
      特別支援教育士、教師、発達障害支援者などキャリア
      においてWISC-Ⅳのアセスメントを行う職業の方。

講師:ギフテッド・LD発達援助センター 小泉雅彦氏
14:30~17:00 ギフティッドのプロフィール分析と解釈、彼らの認知特性と困り感について

持参物:WISC-Ⅳの実施・採点マニュアル、理論・解釈マニュアル、補助マニュアル

上記2日間研修参加希望の場合は至急お問い合わせ下さい。
申し込みはこちらのお問い合わせよりお願いいたします。
2018.09.10 17:32 | 固定リンク | 開講講座
チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)プロ資格認定講座
2018.09.03
こんにちは。
9月に入りました。週末事務所の移転があり、
さすがの私も講座ご案内投稿できませんでした。

さて、以前投稿してある記事をお知らせします。

社)日本発達障害ファミリー支援協会が開講している講座についてはこちら>>

社)日本発達障害ファミリー支援協会が発達障害児の支援者に求めるものはこちら>>で記載させていただいております。

また、チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)通信ビギナー講座については。こちら>>で記載させていただいております。

前回チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)ベーシック資格認定講座の
ご案内につきましてはこちら>>を合わせてご覧くださいませ。

講座の資料請求はこちら>>
お願いいたします。

チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)プロ資格認定講座は
ベーシック講座同様もっとも早くにできた資格認定講座です。

この10年くらいの間に何度も改訂しました。
それは、時代に合う情報、地域支援に求められる情報、そして、参加者ががより理解を深められる情報に
するために改訂を繰り返していたからです。
参加者の学び安さと深めたいアセスメントに絞り改訂してきました。

ベーシック講座にて
基本的な学びとして、
障害についての福祉的な内容の学び、特別支援教育に関する教育定義を基本として
教育における仕組みについてなどを学び、その子の発達段階に応じて
福祉サービスや教育における合理的配慮など選択できるように考えます。
新しくなった教本には子どもの脳の発達ににも触れています。
心理的疑似体験、ビジョントレーニング体験を経て
プロ講座では
様々なアセスメントについて深め、それを基に支援法を考えるところまでの
学習となります。
内容も非常に専門的で、学習時間が必要になります。
スクーリングとして二日間合計13時間学習し、その後90分の筆記試験となります。
たとえ、合格してもその後にも同様にいろんな事例で経験を積むことがとても大切です。

講座概要:様々なアセスメント(行動アセスメント、発達アセスメント、学力のアセスメント、WISC-Ⅳ検査のアセスメントと理解等)支援法の立案、面談ワークなど。

スクーリング2日間合計13時間+試験(90分)
受講料:95,000円(102,600円 税込)

更なる実践者としてS&E療育プログラムインストラクター認定講座への学びもおススメします。
また、社)日本発達障害ファミリー支援協会 正会員登録の際は
会員の特典が得られます。


講座の資料請求はこちら>>
お願いいたします。

#発達障害 ♯資格 #放課後デイサービス #職員 #支援 #地域 #自閉症 #ADHD
#特別支援教育 #プロ #アセスメント #WISC


2018.09.03 12:05 | 固定リンク | 開講講座
チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)通信ビギナー講座
2018.08.29
社)日本発達障害ファミリー支援協会がまず最初に開講した資格認定講座が
チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)ベーシック資格講座と
プロ資格講座でした。

この二つの資格認定講座は
受講日に会場に来ていただき、
スクリーニングを行い、最終日に試験を受験。
その試験に合格できれば資格を取得できる資格認定講座でした。

この講座の開講当初より
「多くの方に通信講座はありませんか?」というお問い合わせをいただいていました。
なかなかご希望に沿えることが出来なかったのですが、
今から2年ほど前にようやくご提供できる講座となりました。

本当に発達障害についてさっと学んでいただけることと
対象者によって二つのコースに分けています。

支援者対象と保護者対象としています。
両方受講なさる方もいらっしゃいます。

この対象者別に後半の受講内容が違っています。
特にコミュニケーションの取り方の対策では
それぞれがコミュニケーションを取る必要がある相手にどのように
コミュニケーションを取るか?という練習が簡単にできるようになっています。

通信講座ですから
レポートを6回提出していただきますが、どれも教本を読んでくだされば
正解できる簡単なものです。
急いで終了させたい人はレポートを短期間で提出すれば終了できます。
また、修了した後チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)
ベーシック資格認定講座に進むこともできます。

自宅でさっと学びたい方におススメの講座です。

チャイルド・ライフ・サポーター®(発達障害児地域支援員)通信ビギナー講座

チャイルド・ライフ・サポーター® ビギナー通信講座
<発達障害全般についての要点を自宅で学ぶ通信講座>
Aコース・・・支援者向け
Bコース・・・保護者向け
講座概要:(A/B共通)1~4か月/障害について考える、発達障害の区分
           子どもの発達、年齢に応じた関わり方
     (Aコース)5~6か月/特別支援教育の現状、保護者・子どもとの関わり方
     (Bコース)5~6か月/家庭内療育とは、教師・子どもとの関わり方
学習時間:約6か月の自宅学習 全6回レポート提出後 修了証を発行いたします。
受講料:21,384円(税込)A,Bコース共受講の場合 32,400円(税込)


資料請求はこちら>>

#発達障害 #支援 #資格 #キャリア #放課後デイサービス事業所 #職員研修 
#通信講座 #自閉症 #ADHD  #地域 



2018.08.29 15:46 | 固定リンク | 通信講座

- CafeNote -